美容は食で決まる

美容は食生活で決まると言っていいでしょう。
高価な洗顔石鹸や化粧水、美容液などを使用すれば肌の外側からのケアはできますが、そもそも肌はたんぱく質で構成されているのです。
肌の原料となるのは食べ物なのです。
食生活のバランスが乱れているだけで、肌がボロボロになってしまうのです。
積極的に食べたい食品は、良質のたんぱく質です。
肉類は脂肪分の少ないものを選ぶといいでしょう。
鶏肉がベストです。
脂肪分の多い肉は、皮脂の分泌を増加させます。
脂性肌の要因にもなるわけです。
たんぱく質は、豆類に多く含まれています。
日本食は豆を使用した料理が多いため、1日1~2食を和食にするだけで、良質のたんぱく質を補給できるのです。
豆類は醤油、みそ汁など、意外なところで使われています。
野菜の摂取も大切です。
良質のたんぱく質を摂取しただけでは、美容を手に入れることはできません。
たんぱく質の吸収を促すビタミン・ミネラルの摂取が必要です。
野菜は1日350g以上を目安にして食べるといいでしょう。